「くちづけ」 -国立高校3100-

☆2011年度☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメヤ 補足

詳しいオチを
のせようと思います!
興味のある方はどうぞ^^

----------

トリオザハイセンスは
石崎とクニの不仲が原因で
バラバラになってしまう

秋田はもともと
学生運動に参加していたため
警察に指名手配されている。
身を隠す目的で
カメヤにやって来たが
成り行きで夏目と
漫才コンビを組むことに。

カレンの病状は悪化する一方
自分の死を悟り
チーコの
二代目カレン襲名を考える。
それはロマンが再び漫才を
できるように。
ロマンはカレンの発病以来
大好きな酒もやめ
漫才もせずに
看病に徹してきた。
ロマンの愛するものを
奪ってしまうわけには
いかないと襲名を
決断したのだ。

--------------

クニはトリオ解散の
鬱憤を晴らそうと
警察に指名手配犯が
カメヤに居ることをチクる。

チーコの襲名披露の当日。
カレンは
とても衰弱しているが
襲名披露のために
カメヤにやってくる。
前座は秋ピンチ夏チャンスが
務めることになっていた。

そこに
今まで平和だったカメヤに
警察が秋田を捕らえに
乗り込んでくる。
何とか説得し
逮捕は公演後にしてもらう。

幕を上げようとした時
楽屋でカレンは息を引き取る。
新ロマンカレンは
彼女のために
漫才を大成功させる。


こんな感じです!
結局最後は感動に
持っていきます!
詳しくはDVDを見ましょう!笑
スポンサーサイト

コメント

No title

DVDみたくなりますね(^^)

  • 2011/02/28(月) 23:34:41 |
  • URL |
  • てんち #-
  • [ 編集 ]

補足の補足

こんばんは、武田です。

今日はプレゼンを聞いてくださってありがとうございました。
そして大久保さん、補足どうもありがとうございます。


勝手ながら、時間の都合上ほとんど紹介しなかったトリオザハイセンスについて一応補足しておきます。


トリオザハイセンスはカメヤ演芸場の芸人トリオ。

三人は強気な態度の石崎と失敗ばかりのクニ、喧嘩しがちな二人の仲裁役のチーコといった関係でした。

ある日の舞台で、クニはまたしてもネタを忘れ、芸の途中にもかかわらず舞台を抜け出してしまいます。

舞台後の楽屋で、石崎がクニを責めて熱くなり、チーコはなんとか収めようとしますが、喧嘩はエスカレートしてしまいます。

「たかが芸だろ、こんなことして何になる」と言うクニ

「その芸に俺らは命かけてやってんだよ」と返す石崎


その後彼は荷物をまとめ、カメヤ演芸場を出て行こうとしますが、そこにはロマン師匠がいました。

二人はそれぞれの思いを語り、石崎は去ります。


そしてこの一連の事件は、もともと学生運動をしていて、芸人としての今を楽しみつつも、同時に自分が何をすべきか疑問を持っていた秋田に影響を与えたのです。


長くなってしまいましたが、こんなとこでしょうか。セリフは曖昧です。

忙しいなか読んでくださってありがとうございました。

  • 2011/03/01(火) 01:13:03 |
  • URL |
  • N.T #Hm0k/mlk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchy1.blog135.fc2.com/tb.php/16-6ffa53ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。